神社での挙式の特徴

新郎新婦

神社と縁が結ばれる

現在の日本では結婚式といえばキリスト教式や人前式など西洋式が圧倒的優位にありますが、それに対する和式結婚式の代表的存在が神社挙式を始めとした神前結婚式と言えます。実際に結婚式を挙げたカップルのうち、半数以上がキリスト教式で、その次に人前式、そして人前式に肩を並べるのが神前結婚式となっています。この神前結婚式は式場でも行われていますが、神社が会場となると特別に神社挙式と呼ばれたりします。新郎は紋付きの羽織袴、新婦は白無垢に綿帽子か色打掛に角隠しなどの着物を着用し、日本伝統の結婚儀礼である三々九度を行うなど、随所に日本らしさが感じられるのがその特徴です。また通常神社は大きな一つの建物ではなく、いくつかの建物が複数立ち並んだ複合的な構造をしているため、挙式の際に屋外に出るケースが多いのも特徴です。これは参進の儀という儀式で、よく時代劇や昔話に登場する花嫁行列のようなものです。この参進の儀に憧れて、神社挙式を選択するカップルも大勢います。神社は実際の宗教施設なので、結婚式以外では入れない式場と違って初詣やお祭りなどで、挙式した神社に参拝する事が出来ます。そして子供が生まれたらお宮参りしたり、七五三には家族揃って参拝したりと、人生の節目に合わせてお参りすれば夫婦や家族の絆も強く感じられます。元々神道の考えでは、結婚とは家と家の縁結び、という発想があります。そのため神社挙式での参列者は基本親族のみであったり、親族同士の結びつきを祝う親族盃の儀を行ったりするなど、家や家族の結びつきを色濃く感じさせる儀式になっています。このように家族や親族の絆を改めて感じられるのも、神社挙式の大きな特徴です。また、二次会を行う際は友人に幹事を依頼する人がほとんどですが二次会代行業者を利用することで友人の負担を軽減することが可能です。二次会代行業者はプロになるため、より楽しい二次会にしてもらうこともできるでしょう。

新郎新婦

伝統を大切にする挙式

神社挙式は白無垢や綿帽子などの和装を基本に、日本の伝統的なスタイルによって執り行う結婚式です。神様の前で結婚を誓うのと同時に、家族へも誓うことから両家の結びつきを強くする意味合いもあります。一般的な教会式に比べると少数派ですが、ちょっと違う形式の結婚式を執り行いたいという人には人気となっています。

新郎新婦

盛り上げるならプロに

みんなの思い出に残る「楽しい二次会だったね」といわれるような会にしたいなら、経験豊富な幹事代行業者に任せるのも良い選択肢の1つでしょう。会の流れはもちろん、当日のサポートも依頼できるため、二次会も皆に楽しんでほしいと思うカップルには人気のサービスなのです。

新郎新婦

式の仕組み

神社挙式では神社に専属のスタイリストやカメラマンがいるわけではないので、神社と提携している美容室や写真館などのサポートを受けて式を行います。また披露宴会場も、通常は神社と提携した街の料亭やレストランなどがあって、そこで行われます。

会場

結婚式後の集まり

今の結婚式には、二次会が付き物です。二次会の特徴は、友人同士が盛り上げるという点です。従って、幹事役も友人が請け負うのですが、適役の人がいなければ困ることになります。そのような時に、二次会の幹事代行は大いに頼りになります。その幹事代行は、パーティーを思い出深いものにするノウハウを持っています。