プロに任せるという選択

会場

楽しい会にするために

式や披露宴よりも砕けた雰囲気で、参加者も存分に楽しめるのが二次会の良さです。とはいえ、会を進めるための司会、つまり幹事が必要であり、幹事の腕次第で会が盛り上がるか楽しめるものになるか決まるといっても過言ではないかもしれません。これまでは友人に二次会の幹事を依頼するというのが一般的でしたが、参加者全員に会を楽しんでほしいと考え、幹事代行を依頼する人も増えています。幹事代行というのは幹事や司会を務める代行業者のことで、司会として仕事をしている人やさまざまなイベントの進行スタッフを兼任していることも珍しくありません。つまり、トークスキルや司会としての能力も高く、二次会を盛り上げるにはピッタリの存在といえるのです。また、友人という間柄だとお金の交渉で気を使ったり、内容をどう進めるか決めずにあいまいなまま当日まで進んでしまうというケースも珍しくないでしょう。しかし幹事代行に依頼すれば、代行業者としっかり打ち合わせをし、メールや電話などで確認事項をやり取りする機会もあるため、二次会準備もしっかりと進められるという利点があります。もちろん、友人や知り合いに幹事を依頼するよりは、幹事代行に依頼した方が費用はかかるでしょう。しかしそれ以上に会を楽しめたり、参加者全員が均等に参加できるというメリットを考えれば、多少費用をかけてでもプロに任せたほうが良いかもしれません。出席してくれる人への感謝や気持ちを込めるのであれば幹事はプロに任せる、という選択が賢いものといえるでしょう。