盛り上げるならプロに

新郎新婦

みんなで楽しむなら

形式が決まっている結婚式や、流れが事前に組まれている披露宴と異なり、二次会は自分達で場の空気を作って盛り上げることになります。場を盛り上げるというのは意外にも難しく、さらに主役である新郎新婦が司会を務めることは稀なので、話術と空気を温める能力がなければ二次会の幹事を務めるのは難しいでしょう。形式が決まっていない分、自分達で会の流れを決めて内容やゲームを織り交ぜることになるため、会の構成を決めるという負担も伴います。式や披露宴に比べて準備が必要ないと思われがちな二次会ですが、やるべきことや準備すべきことも多く、だからこそ会を進行させる幹事が重要な立場になるわけです。その幹事を参加者や友人に依頼するのではなく、幹事代行業者つまりプロに任せるという人が増えています。幹事代行業者は幹事や司会としての技術力があるだけでなく、会の構成や流れにも詳しく豊富な知識を有していることがほとんどです。会の内容を決める段階や、打ち合わせ段階から幹事代行スタッフが参加してくれるケースも多く、当日のサポートはもちろん、会そのものの土台を作るのにも大きな力となるでしょう。なんとなく進めてしまおうと考え、結果として二次会は微妙になってしまった、盛り上がらずに残念だったと考えるカップルも多いようです。せっかくお金をかけて場を設けるのであれば、幹事代行のようなプロと一緒に考え、皆が楽しめるような二次会づくりをしてみるのも良いかもしれません。