式の仕組み

新郎新婦

街ぐるみのサポート

結婚式で純白のウエディングドレスを着たいと思っている女性は多いですが、白無垢や色打掛といった着物に憧れている女性も少なくありません。そうした和装での結婚式として、幅広く認知されているのが神社挙式です。ただイメージとして神社挙式を知っていても、どういった仕組みで式が挙げられるのかはあまり知られていないので、ここで解説します。神社挙式は神職が常駐していて、ある程度の広さの社殿を持った神社であれば基本的にどこでも出来ます。ただ事前に挙式用のプランが用意されているかどうかは、各神社によって異なります。またプランが用意されていたとしても、神社側に専属のスタイリストやカメラマンがいるわけではないので、街の美容室や写真館などから人員を手配して式をサポートしてもらうのが一般的な仕組みです。多くの場合は地元の美容院や写真館と提携しているので、神社側の方で手配してくれます。また披露宴を行う場合には別の会場を用意しますが、これも神社と提携した料亭やレストランなどがあります。因みに神社挙式の最中は神聖な儀式という事で基本的に撮影禁止です。プロのカメラマンなどは事前に許可を得て撮影するので、仮に新郎新婦の親族や友人がカメラマン役をする場合には事前に神社側に許可を取る必要があります。儀式の流れ自体はどの神社でも大きく変わりません。ただ同じ神社での挙式でも、神職や巫女の人数の増減や雅楽の生演奏に巫女の舞の追加など、細かな部分の違いはプランによって異なってきます。特に雅楽や巫女舞については誰でもできるものではないため、そもそもできる神社とそうでない神社が存在します。これらをどうしても組み込みたい場合には、神社を選ぶ段階で雅楽や巫女舞のプランが存在しているか確認を取りましょう。